棗(なつめ)って何?どんな味?体にいいの?

なつめとは

訪問していただきありがとうございます。
このサイトでは、心と体が健康になるような役に立つ情報を発信していきたいと思います。

管理人のナツメと申します。
ナツメというニックネームは、本名ではなく棗(なつめ)という木の名前から付けました。

棗(なつめ)という木をご存知でしょうか。

なつめの木

なじみがない方も多いでしょうが、クロウメモドキ科という落葉小高木です。原産は中国ですが、日本では奈良時代から食べられてきた果実で比較的育てやすい木です。

夏には2~3センチ位の小さい青や赤のかわいい実をつけます。そのままかじるとりんごのような甘みと酸味があるおいしい果実です。

我が家では祖父が家の裏庭に植えていて、子供の頃はナツメの実ができるのを毎年楽しみにしてかじって食べてました。いつしか木は伐採されていて、現在では生のナツメの実を食べる機会も少なくなりましたが思い出の木です。

話がそれました。

ナツメの実の紹介に戻りましょう!

どうやって食べられている?

棗のドライフルーツ

ナツメの花言葉は「健康の果実」とも言われるほど、健康に良いと言われ食べられています。

中国や韓国では古くから栽培され、生薬としても用いられています。ナツメの実を乾燥したものは大棗(たいそう)と呼ばれる生薬です。

大棗には強壮作用や、鎮静作用があるとされています。

一般的には、果実を干したものをドライフルーツとして食べたり、お粥やスープにしたり、煮出してテチュ茶(ナツメ茶)としても飲まれています。

そういえば、アサヒの「十六茶」にもナツメはブレンドされているんですよ。

ナツメ

どうりで、なつめの味がすると思った!
絶対分かってないでしょ

先生

棗(なつめ)に歴史あり

中国では一日食三棗、終生不顕老という言葉があります。

これは、一日3個のナツメを食べれば老いないという意味です。それほどナツメは昔から珍重されてきました。

またナツメのドライフルーツにはミネラルが豊富で、カリウムやマグネシウム、リン、鉄なども豊富に含まれています。

精神面を改善したり、貧血や美肌にも効能があるといわれています。

果物はドライフルーツにすると、栄養素が凝縮され栄養成分もほとんど変わらずに残っています。

また、よく噛んで食べることで少しの量でも満腹感が得られます。
なつめのドライフルーツは健康にも美容にも良い果実です。

このサイトに訪れたのも何かのご縁かもしれません。
ぜひ、一緒に心も体も健康な毎日をめざしましょう!