パクチーが嫌いな理由、世の中のパクチー推しに思う、つまりはカメムシの話

カメムシの匂い

2016年ほどからパクチーブームが到来していますが、私は昔からパクチーが大の苦手です。

年を重ねると味覚も変わり、嫌いだった食べ物もいつしか食べれるようになり、好き嫌いも減ってきました。

それでもやはりパクチーは食べたいと思えません。

食物の作られる過程や、生産してくれる人の存在、食材の持つ栄養や効果を知れば、どんな食材もありがたいという思いと一緒に口にできます。
私の身となり血液となり、健康に繋がる食材は、噛めば噛むほど本来のおいしさと感謝を味わえるのです。
しかし、パクチーの生産農家さんには大変申し訳ないですが、パクチーだけは食べられません。

苦手な理由は、パクチーの香りです。
パクチー苦手の人の理由ナンバー1間違いないでしょう。

まさにカメムシの香り。
見えないカメムシがそこにはいます。

   

カメムシといえば、生まれてから今までカメムシとのいい思い出がありません。
頭の記憶のデータを検索できるボタンがあったら、カメムシと入力して検索ボタンを押したら、くさい思い出が何百件もでてくるのみです。

私は比較的田舎に住んでいて、近所に畑や田んぼがあるせいで、時期になると、網戸に大発生するカメムシの光景を目にします。

人間は都合のいい動物で、夜に大量の蛍が飛び交う様子は、幻想的な光景だとありがたがって見に行きますが、カメムシが大量に飛び交うさまには嫌悪を抱いてしまいます。
人間本位になってしまうことは、良いことではないとは分かっています。
そんな前置きをしてみても、やっぱりカメムシを受け入れることはできません。

その時期は洗濯物を外に干すなんて、もってのほかで、晴れていても窓を閉め切った中での部屋干しになるつらさを、カメムシにどうにかして伝えたいが、どうにもできないもどかしさ。

絶好の洗濯日和に、外をブンブンと飛び回りはしゃぎ楽しんでいるカメムシに余計に苛立ちまでも感じてしまいます。

窓を一瞬開けて、内側から網戸ごしにデコピンをして、呑気にくっついているカメムシを跳ね飛ばすのが、こちらにできるせめてもの抵抗です。
カメムシにも種類がいて、角張ったカメムシよりも、丸くて小さいカメムシの方が、窓を閉めていても家の中に侵入してくるからタチが悪いのです。

そして奴らは、いつの間にか布団の間に潜り込んでいて、独特な匂いを放ち、眠りを妨げます。

せっかく眠りにつこうとしている時に、どこからともなくカメムシ臭が襲ってきて耐え切れません。
ところで世の中にはカメムシの香りに似た香水が存在します。あの香りを好きな人もいるのです。
私には、無理です。どんなに素敵な人でもカメムシを連想してしまう香水を使っていたら、お近づきにはなりたくないと思ってしまいます。

   

しかしパクチーが好きな女性なら、カメムシの匂いもそこまで嫌いじゃないのかもしれません。カメムシの香水じゃなくて、大好きなパクチーの香水になります。

大好きな野菜を身近に感じれるなんて、野菜を食べてないのに健康になりそうな、そんな感じでしょうか。
そんな女性なら、カメムシ的な香水を付けた素敵な男性とも、うまく付き合っていけるのでしょう。

そうだとしたら、私はカメムシが嫌いなことで、素敵な人と出会うチャンスをみすみす逃しているのかもしれません。

パクチーを好きになるのが先か、
カメムシを好きになるのが先か。

素敵な人との出会いを逃さないために、パクチーを食べよう…かな。