あまった未使用年賀はがきや書き損じ年賀はがきの利用方法

未使用年賀はがきや書き損じ年賀はがきの利用方法に悩む人家の中に、去年までの余った年賀はがきはありませんか?

未使用の年賀はがきや、書き損じ年賀はがき(印刷ミスや宛名間違いで出さなかったはがき)を捨てたり、そのまま眠らせておくのはもったいないですよ!

未使用や書き損じの年賀はがきは、手数料を払えば郵便局で切手や通常はがきに交換してもらえます。

また、他の方法で年賀はがきを換金することもできます。

今回は、そんな年賀はがきの利用法について説明します。

使用する

はがきとペン

未使用年賀はがきが出てきたら、使いましょう。

ただし、そのままでは通常はがきとして使えません。

  • 62円になるように切手を追加する
  • 年賀の文字を消す(上に切手を貼るか二重線などで消す)

現在、通常はがきの値段も年賀はがきの値段も62円です。(2019年分からは年賀はがきも62円に値上がりになりました)

ですので、前年分の年賀はがきの料金で送ることはできません。

年賀はがきを、普段使いに使用するのは失礼では?と思うかもしれません。

さすがに大切な方や知人に便りを送るために、あまった年賀状を使用するのは気がひけますね。

でも、懸賞応募なら大丈夫です。

年賀はがきで懸賞に応募するには?2019年の年賀はがきの料金は?

郵便局で交換してもらう

郵便局で年賀はがきを交換してもらう人

懸賞も興味ないし、『はがきを使う機会がない』という方も少なくないでしょう。

そんなときは、郵便局に持って行けば1枚につき5円の手数料で切手などに交換してもらえます。
では、どんなものに交換できるか見ていきましょう。

年賀はがき→切手に交換

手紙と段ボール
はがきは使わないけど、『手紙を送る』という方は切手に交換がオススメ。

切手なら、ゆうパックの送料としても使えます。(※ コンビニからゆうパックを送るときは切手払いはできません。)

1枚につき5円かかる交換手数料は、現金で払うか、手持ちのはがきから差し引くか選べます。

郵便局で年賀はがきを切手に交換する方法

どちらかを選べる!
  • 交換手数料を支払い、同額の切手を受け取る
  • 交換手数料を、手持ちのはがきから差し引いて額面分の切手を受け取る
さらに、受け取れる合計の額面から自由に切手の種類を選べるので、『20円切手じゃなくて10円切手で欲しい』など希望もできます。

年賀はがき→通常はがきに交換

通常はがき

知人に寒中見舞いや余寒見舞い、暑中見舞い、残暑見舞いなどをはがきで送りたいけど、年賀はがきをそのまま利用するのはちょっと…という方は、通常はがきに交換しましょう。

書き損じ年賀はがきを通常はがきに交換するには

2018年分の年賀はがきなら52円ですので、1枚あたり交換手数料5円と、通常はがきとの差額分10円の合計15円を支払えば通常はがきがもらえます。

手数料や差額を払いたくないときは、こちらも年賀はがきから差し引くことができます。

2018年分の52円の未使用年賀はがきが2枚あれば、手数料10円(2枚分)を差し引いて、1枚の通常はがき(62円)と、残り32円分を切手でもらえます。

MEMO
ちなみに、2019年分で書き損じた年賀はがきは、年賀はがきの販売期間中だけ新しい年賀はがきへの交換ができます。

書き損じた年賀状、販売期間中なら新しい年賀状と変えてもらえる

年賀はがき→ミニレターに交換

ミニレター
ミニレターは、郵便書簡と呼ばれる封筒と便せんと送料がセットになった便利な商品です。

通常はがきと同じ62円の料金で、薄くて軽いものなら同封できるので、チケットやカードなどを送ることも可能です。

年賀はがき→スマートレターに交換

スマートレター

スマートレターは、A5ファイルサイズで厚み2cmまでのものや、手紙を入れて送れる商品です。封筒と送料が一体となっています。

ちょっとしたプレゼントを贈ったり、単行本などを送るときに便利です。

スマートレターは180円ですので、未使用の2018年分の52円年賀はがきが4枚あれば、交換手数料を差し引いて1枚もらえます。(残り8円分の切手)

スマートレターとねこ
【スマートレター】とは?180円で何が送れる?どう梱包する?

年賀はがき→レターパックに交換

レターパック

レターパックも封筒と送料が一体となった商品です。スマートレターの2倍の大きさ、A4サイズの封筒で、書類や大きめの本なども入ります。

荷物を送りたいときに、ゆうパックを使うと送りたい地域先で送料も変わってきますが、レターパックに入る小物なら、全国一律の料金で送れます。

レターパックは360円と510円の2種類ありますが、料金が高いため前もって交換しても使わない場合もありますので、使う必要になったときに交換するといいかもしれません。

レターパックライトとプラス-eye
【レターパック】とは? ライトとプラスの違い

現金化する

郵便局では、未使用年賀はがきを返品や換金などの現金化することはできません。

どうしても現金化したいなら、はがきや切手買取を行っている金券ショップに買い取ってもらったり、メルカリやヤフオクで売る方法があります。

ただし、手数料が取られたり買取率が安かったりするので、はがきの額面のままお金を受け取ることは難しいです。

郵便発送で使うことが一番の有効活用になるので、どうしても現金に変えたいという場合は参考にしてください。

メルカリで売る

はがきをメルカリで売る

フリマアプリのメルカリは、300円が出品の最低ライン額になるので、年賀はがきを1枚だけ売りたいというのは向いていませんが、何枚かあるならまとめて出品してみてはいかがでしょうか。

メルカリで他にも不要品を売ったり、未使用はがきの枚数が多い時などに利用するといいでしょう。

メルカリ初心者におすすめ!切手を出品する

書き損じはがきは宛名など個人情報が書いてあったり、そのままだと売れにくい場合もあります。

そんな時は、郵便局で切手に交換して「切手」を出品しましょう。

メルカリを使って自分で売るのはハードルが高そうですが、使ってみると以外に簡単です。
発送するときの梱包も比較的簡単で、初心者の方が最初に出品する物としてはがきや切手はオススメです。

   

金券ショップで売る

金券ショップの店員
自分でメルカリに売るのもハードルが高いと感じるなら、買取業者に依頼するのがスムーズです。

近所に金券ショップがあれば、覗いてみるのもいいでしょう。

書き損じはがきはどうしても買取相場が低くなったり、切手に変えてもバラだと低い金額になってしまいますが、枚数が多ければ臨時収入になることも!

手早く現金化したい時には、金券ショップで買い取ってもらいましょう。近所に実店舗がない場合は、インターネットで申し込んで宅配で送って査定、買取りを行う業者もあります。

まとめ

未使用年賀はがきや書き損じ年賀はがきがあったときの利用法は

  • 使う
  • 交換する
  • 現金化する

郵便局では、未使用年賀はがきを現金化したり返金することはできません。追加切手を貼って懸賞応募に使ったり、切手に交換してゆうパックの発送に使うのが効率的です。

現金化したいというのなら、金券ショップに持ち込んだり、ヤフオクやメルカリで売ってみましょう。

さあ、あなたはそのはがきをどう使いますか?