【レターパック】レターパックライトとレターパックプラスの違いを説明

レターパックの使い方

郵便局のレターパックをご存知でしょうか。

全国一律料金・封筒一体型の発送方法の一つですが、料金が他の郵便料金と比較すると高いと感じるかもしれません。

しかしうまく使い分ければ郵便料金の節約や確実に届けたいときに役立ちます。

この記事ではレターパックについて詳しく説明していきます。

レターパックとは

レターパックの種類

レターパックには、【ライト】と【プラス】の2種類があります。
送料と封筒が一体型になっているため、送りたいものを入れて投函すれば発送できます。

価格は【ライト】が370円、【プラス】が520円です。

注意
2019年10月から料金が値上げされ、370円と520円になりました

旧料金の未使用封筒を使いたい場合は、差額分の切手を貼れば10月以降も使えます。

一見すると同じサイズの封筒なので、安い方がお得じゃないの?と思いがちですが、それぞれ特徴があります。

レターパック ライト・プラスの詳細

レターパックライトとプラス

レターパックライトとレターパックプラス
レターパックライト レターパックプラス
料 金 370円 520円
重 さ  4kg以内
サイズ A4ファイルサイズ (340mm×248mm)
厚 さ 3cmまで 3cm以上でもOK
お届け 郵便受け 対面
受領印or署名
追 跡  追跡サービスあり
信 書  信書もOK
補 償  損害賠償なし
配達日  日曜・祝日も配達される
配 達 プラスほどではない 速達に準じた扱い
集 荷 なし 集荷OK

レターパックプラスは厚みの制限がないため、封筒に収まれば3cm以上の厚さの物も送れます。

またレターパックプラスは、深夜のトラック輸送や遠距離は航空機輸送も利用され準速達扱いで早く届きます。

一方レターパックライトは、配達日の状況や配達員の裁量により配達優先度は変わります。

レターパックを購入できる場所

レターパックやスマートレター買える場所

  • 郵便局
  • 切手通販サイト
  • ローソン
  • ミニストップ
  • セイコーマート
  • セブンイレブン(店舗によって扱いない場合も)
MEMO
コンビニでは、品切れの場合や取り扱ってない店舗もあるため、確実に購入したいのであれば営業時間内の郵便局での購入をオススメします

レターパックで送れないもの

  • 現金
  • 貴金属や宝石(補償がないため)
  • ワレモノ

レターパックを使うメリット

郵便物を送るなら、『定形外郵便やクリックポストでもいいのでは?』
『わざわざレターパックで送る必要ある?』と思われる方に、オススメのシーンをご紹介します。

こんな時はレターパック・ライト

 

追跡をつけて信書を送りたい時

定形・定形外郵便などで追跡や補償が欲しい時は、簡易書留(310円)を付けることができますが、合計送料が高くなります。

そこで追跡だけでも付けたい場合にレターパックライトがオススメ。

クリックポストも追跡は付きますが、信書を送ることはできません。

休日や、大型連休中に届けたい時

ライトもプラスも日曜・祝日に配達されますので、連休中などを気にせずに届けたい場合はオススメです。

こんな時はレターパック・プラス

 

早く確実に届けたい時

準速達扱いのため北海道や沖縄など遠方の地域の方に送る時は、通常の定型外郵便やクリックポストより早く届きます。
受け取りに受領印または署名が必要なため、確実に届き安心です。

重くて厚みがある物を送る時

  • 重さが4kgまでOK
  • 厚みが3cm以上のものでもOK
  • レターパックプラスの封筒に収まる

集荷にきてもらいたいとき

レターパックプラスは自宅に集荷を頼むことができます。

  • ポストに入らない
  • 郵便窓口やゆうゆう窓口が開いてない
  • 郵便局までが遠くてなかなか行けない

このような場合にレターパックプラスを使うと便利です。

お得に確実に届けるレターパック

レターパックは損害賠償などの補償はありませんが、追跡が付いて早く相手に届くため大切な書類やちょっとしたプレゼントなどを送るのにも適しています。

また、オークションやメルカリなどのフリマアプリで出品するなら今後使う機会もあるかもしれません。

レターパックは大切な書類の発送や定型外では重すぎる小物など、覚えておくと何かと使える発送方法です。

発送にあると便利グッズ