年賀はがきで懸賞に応募するには?2019年の年賀はがきの料金は?

年賀はがきを懸賞に使う

突然ですが、懸賞に応募するのはお好きですか?

『どうせ当たらないだろう』と応募しない方は、当然ですが当たりません。

『これを応募してみたら、もしかしたら当たるかもしれない』と思って行動する人にチャンスが訪れるのです。

最近では、ネットやSNSを通じて応募できる懸賞も多いですが、応募券が必要な懸賞は、はがきで応募するしかありません。

また、手間やはがき代がかかる応募だからこそ、応募者も少なく、ネット応募よりも当選しやすい場合もあります。

2017年に通常はがきが値上がりになりましたので、年賀はがきで懸賞に応募するときに気をつけるポイントを説明します。

2019年の年賀はがきは62円

日本郵便は2017年6月に郵便料金の改定を行い、このとき「通常はがき」は62円に引き上げられました。

しかし、2018年の年賀はがきの適用期間(2017年12月15日から2018年1月7日の間)のみは、年賀はがきならば52円で出せました。

通常はがきと年賀はがきの料金が違うことで、混乱やトラブルも起きたのは記憶に新しいかと思います。

2019年用の年賀はがきは、通常はがき同様62円に引き上げられることに。

そのため、2019年の年賀はがき期間に懸賞に応募するときも62円分の切手が必要です。

   

あまった年賀はがきで懸賞応募するには

年賀はがきに10円切手を追加して通常はがきにする
あまった未使用年賀はがきで懸賞応募しようと思う方も多いでしょう。

年賀はがきを利用して懸賞応募するには、52円の年賀はがきなら、10円分の切手を追加して貼り足して送りましょう。

さらに、年賀の文字を二重線で消すか、上に切手を貼れば通常はがきの扱いで送れます。

年賀の文字を残したままだと、到着が2019年の1月1日になってしまうこともあるので注意!

追加切手の貼り方

年賀はがきに10円切手を貼る位置

  • 料額印面(切手の役割の印刷部分)は、切手で隠したり汚したりしない
  • 年賀の文字を消す
画像のように、追加切手を貼れば大丈夫です。

合計で62円分の料金になるように貼りましょう。

年賀はがきを利用して応募したら当たりにくい?

年賀はがきで懸賞応募すると当たりにくいというウワサを耳にしたことはありませんか?

これが不安でわざわざ通常はがきに交換して使うという方もいますが、交換手数料がかかるのでもったいないです。

キャンペーン側の人間ではないため断言はできませんが、締切までに料金の不足なく届いて、応募事項も正しく書かれていれば抽選対象になりうるのが通常です。

実際、私もあまった年賀はがきを利用して応募していますが、ぼちぼちですが当たっています。懸賞に年賀はがきを利用して応募するのは、もはや一般的になっています。

ナツメ

年賀はがきはお年玉くじ付きだから、切手シートなどの賞品が当たるかもしれないし、通常はがきを買って応募に使うよりお得!

年賀はがきで懸賞を応募のまとめ

あまった年賀はがきで懸賞応募

  • 52円年賀はがきなら、10円の切手を追加する(62円分にする)
  • 追加切手を「年賀」の赤文字の上に貼るなどして「年賀」の部分を消す
懸賞応募は、当選した時のワクワク感は何度体験しても嬉しいものです。
せっかくはがきを出して応募したのに、10円足りず戻ってきた・・・なんて悲しいことにならないように懸賞生活を楽しみましょう。

あまった未使用年賀はがきや書き損じ年賀はがきの利用方法
【一覧表】2017年6月から2018年(現在)の郵便料金表