お子様の事故防止にも!安全対策にコンセントキャップ

ダイソーコンセントキャップ

ダイソーでコンセントキャップを購入しました。

100均は本当に便利ですよね。日用品や消耗品で欲しい物があるとき、とりあえず行くのが100均です。なんでもあるから必要な物をまとめて買えるし、安いしで助かります。

ついつい余計な物を買ってしまうけど、100円ならいっか!と、思えてしまうのもまた良い所です。

使わないコンセントにはキャップを

普段使わないコンセント穴が気になり、キャップを購入することにしました。

コンセントキャップを付ける目的には、ホコリが入らないようにすることで、トラッキング現象などの火災を防ぐ役目があります。

小さい穴だからと使わないコンセントをそのままにしておくと、少しずつホコリが入ってしまう恐れもあります。使わないコンセントにはキャップをはめておくことで、ホコリが壁の中へ入りこむことを防ぐことができます。

コンセントキャップとは
火災の原因?トラッキング現象を予防するための対策

お子様がいる家庭では対策しておきたいコンセントキャップ

赤ちゃん事故防止

お子様がいる家庭では、いたずらで感電事故防止のために、必ず対策しておきたいところです。

歩き回れるようになったお子様の目線の高さにあるコンセント穴は、興味を持ちやすく、物を突っ込んでしまうこともあります。大人が予想もできないことをすることがあるため、万が一の感電事故を防ぐ目的でキャップを使用することを強くお勧めします。

お子様のいたずら防止のためのコンセントキャップを購入するならば、極力シンプルで目立たない物を買うことが重要です。
今は、かわいいキャラクターのキャップなども沢山販売されており、コンセントに付ければ、インテリアの一部にもなるため、使っている方も多いかもしれません。

かわいいキャップや目立つ商品では、お子様にとって興味を惹きつけるおもちゃになってしまうので危険です。

お子様がいる家庭では、手が届く場所には、必ずシンプルなコンセントキャップを選びましょう。

シンプルを選ぶ

100均(ダイソー)のコンセントキャップ

ダイソーコンセントキャップ

私が今回ダイソーで購入したコンセントキャップは目立たない白色で、お子様が外そうと思っても簡単には外せないので安全です。

ダイソー コンセントキャップ

この種類は大人でもそのまま引きぬくことは難しく、下の写真のように付属のカギのような物で外す仕組みになっています。・・・ちょっと面倒くさいですが、普段使用しないコンセントにつける分には問題ありません。

コンセントキャップ外し方

 

➡コンセントキャップはネットでも購入できます

安全を優先

子育て中の方は、少しでも危険からお子様を守るために、簡単に外れにくいコンセントカバーやキャップを選ぶことがポイントです。

また、かわいい商品もあるため買いたくなってしまいますが、お子様の興味をそそられる見た目の物は要注意です。

100均にも、色々な種類の物があるので、確認してみてください。