宛名書きがきれいに書ける!筆文字サインペン『筆之助』

宛名書きにおすすめペン

なにげなく買ったペンや家族や友達が使っているペンを借りた時に、ものすごく使いやすいペンだったらテンションあがります。

書きやすいペンを見つけたら周りの人に広めたいと思ってしまいます。

ナツメ

そんな人間、わたくしナツメです。こんにちは。
最近、フリマアプリの利用や懸賞の宛名書きで、宛名を手書きで書く機会も多くなってきました。

宛名書きは渡す相手がいて、相手の目に入るものなのでできれば綺麗に書きたいものです。

そんな時に宛名書きしやすいペンが一本あるだけで、自分の中の自己ベストな文字を書くことができます。

納得がいく文字が書ければ宛名を書くのも苦になりません。さらに、発送するたびに宛名書きの練習にもなって美文字に近づけます。

ナツメ

一石三鳥!
今回は、そんな私の一押しアイテム、宛名書きにオススメのサインペン『筆之助』を紹介します。

筆ペンが苦手な人は意外に多い

筆ペンがうまく書けないから苦手

筆ペン書きは、祝儀袋や不祝儀袋のおもて書きなどにも必要になってきますが、苦手という方も多いのではないでしょうか。

習字が得意なわけでもなく、筆や筆ペンで文字を書く機会もほとんどないという人にとって、筆ペンは使いにくい筆記具になってしまいます。

ペン先が柔らかく、力の加減が難しいため、つい普段の筆圧になって変なところで太くなったり、かすれたりして失敗することも。

祝儀袋や不祝儀袋のおもて書きも、使いなれない筆ペンではうまくいかず、何枚も書き直しになってしまうのは、きっと私だけじゃないはず!!

そこで筆ペンに慣れていない人にオススメなのが、筆ペンの風合いを出せる『筆之助』というサインペンです。

サインペンなので、普段のペンのように気軽に使えるところがポイントです。

筆ペン風のサインペンを使い慣れていれば、祝儀袋のおもて書きも身構えてしまうことはありません。

筆之助は宛名書きに最適なサインペン

筆之助とは

トンボ鉛筆の『筆之助』は、筆ペンが苦手な方におすすめしたいサインペンです。

ペン先に特殊エラストマー芯という芯が使われているおかげで、適度な硬さと柔らかさが誰でも使いやすいペンになっています。

筆ペンに不慣れな方でも、手軽に筆文字の風合いが再現できるところがこのペンのポイントです。

宛名書きをする時にサッと手に取りスラスラと使えます。筆ペンの風合いを出せるペンは、一本あればさまざまな書く場面で重宝します。

ボールペンやサインペンと比較

こちらの画像をご覧ください。

ボールペンとサインペンと比較

はい、なんの変哲もないパンダのイラストです。

分かりづらいですが、一番右の『筆之助』で書いたものは、文字やイラストに深みが生まれたような・・・(気のせい?)描き方が違うなど細かいことは見逃して下さいませ・・・。

適度に強弱を付けれる筆文字風のサインペンは、ボールペンよりも文字やイラストに味わいや深みを出す効果も生まれます。

線の太さが一定のボールペンやサインペンを使うより、筆文字の風合いを出せるサインペンを使うことで、ぐっと深みのある文字やイラストに仕上がることも。

また筆ペンの扱いにくさがないため、筆ペンが苦手な方にも筆ペン風の文字を手軽に書くことができます。

筆ペンが苦手な私も、これなら文字もサラサラ書けてメリハリのきいた文字が書けます。

顔料インクだから宛名書きに最適

水濡れに強い

郵便物は、雨などで文字がにじんで読めなくなっては大変です。

郵便物の宛名書きをする時に、水で文字がにじまないことは、一番大切なことでもあります。

筆之助』は、耐水・耐光性水性顔料インクなので、雨や水に強いです。

また、耐光性も備わっているため、経年の色あせにも強いペンといえます。手帳などに使うのもいいですね。

2種類のタイプから選べる

筆之助の種類

筆之助は、「しっかり仕立て」と「しなやか仕立て」の2タイプの筆記感から選べます。

しっかり仕立ては筆先が硬めで、細かい文字を書くのに適しています。
しなやか仕立ては、筆先が適度に柔らかで、より強弱が付きます。

ナツメ

ペン先の硬さで好みも別れるけど、強弱がよりつけれる『しなやか仕立て』の方が深みがでる!
小さい文字(葉書の宛名書きなど)は『しっかり仕立て』が最適。
他にも『筆之助 慶弔ツインS』という、墨とうす墨が使える慶事・弔事対応もあるよ!

デメリット

宛名書きのデメリット

私が思う『筆之助』のデメリット、それは近所のお店であまり見かけないことです。

私の近所の店頭に限ったことかもしれませんが、なかなか見つけることができませんでした。(私の探す能力が低いだけかも)

筆之助はネットで購入がオススメです。私はペンがかすれてきたなと思ったら、その都度ネットで注文しています。

たまにはアナログで

年賀状なども現在ではプリンタを使って宛名の印刷をするという方も多く、手書きで書くという方も少なくなってきていますが、宛名書きを手で書いてみるのも美文字上達の方法です。

筆ペンは扱いづらくて敬遠している方も、筆文字のサインペンなら納得のいく文字が書けるかもしれません。

使いやすいペンに出会えれば、自分の字に自信がなくても『宛名書き』が楽しくなること間違いなしです!