書き損じた年賀状、販売期間中なら新しい年賀状と変えてもらえる


年賀はがきを印刷や手書きで仕上げるという方は、書き間違えたり失敗してしまったという経験はありませんか?

  • 年賀はがきに宛名を書いていたら、文字がこすれて汚くなった
  • プリンタで印刷したら、上下逆に印刷してしまった
こんな失敗は気をつけていても起きてしまうことがあります。

じつは書き損じたお年玉付き年賀はがきは、郵便局に持っていけば新しい年賀はがきに交換してもらえるのです。

ただし、条件があります。

今回は、書き損じた年賀はがきの交換方法について説明します。

年賀はがき販売期間中ならできる

年賀はがきを年賀はがきに交換できる期間
2019年用のお年玉付き年賀はがき販売期間中なら、書き損じた2019年用の年賀はがきを新しいものに交換できます。

2019(平成 31)年用の年賀はがきの販売期間は、
2018年11月1日(木)から2019年1月11日(金)まで

しかしそのまま交換してくれるわけではありません。1枚につき5円の交換手数料がかかります。

年賀はがき販売期間中に年賀はがきを交換する場合

古い年賀はがきはどうなるの?

古い未使用年賀はがきを交換する場合

前年や、ずっと前の未使用年賀はがきがでてくる場合もありますよね。

古い年賀はがきは、未使用であっても書き損じであっても新しい年賀はがきに交換できません

2018年用の年賀はがきを2019年用の年賀はがきに変えることはできませんが、手数料5円を支払うと同額の切手に交換できます。

例えば2018年用の年賀はがきでしたら52円の額面になっています。

未使用であれば、書き損じでも交換できます。

交換したいはがきの枚数が多ければ、額面によってはがきやミニレター・スマートレターレターパックなどにも交換もできます。(枚数分の手数料がかかります)

注意しないといけないのは、現在通常はがきは62円ですので、古い未使用はがきを通常はがきに交換したいときは、交換手数料5円と差額も追加して支払います。

他の方法として、交換手数料(5円)を支払わずに差し引くことができます。

この場合ですと、52円の年賀はがきから手数料5円を差し引いて、48円分の切手に交換ができます。

あまった未使用年賀はがきや書き損じ年賀はがきの利用方法

未使用でも交換できないケース

ナツメ

未使用はがきがあったから、今から交換に行ってくる!
ちょっ、ちょっと待って!!

先生

はがきを交換できないケースもあります。落ち着いて確認してから行きましょう。

料額印面が汚れているとダメ

料額印面とは

ナツメ

りょうがくいんめん?

料額印面とは、はがきや郵便書簡や特定封筒(レターパック封筒およびスマートレター封筒)の料金を表す部分です。

年賀はがきでいうと、「62・NIPPON・日本郵便」などが書かれた左上の四角部分です。

郵便物は切手や料額印面に消印を押し、使用済みかを判断しています。

そのため、この料額印面がよごれたり、やぶれたりしたものは未使用とみなされず交換することができません。
料額印面が汚れていれば交換できない可能性が大

料額印面にインクがついても交換できるケースも

プリンタで印刷した時に少し文字が料額印面にかかってしまったという場合、印刷ミスと認めてもらえるケースもあるようです。

本来、少しでも汚れてしまったら絶対にダメという決まりですが、郵便局によって対応が分かれることも。

もし料額印面にインクがついても、ダメもとで郵便局に持って行って聞いてみましょう!

交換できる場所

交換できる場所は郵便局のみです。しかも郵便窓口の営業時間内だけです。

ゆうゆう窓口では交換できません。

また、コンビニでも交換はできません。

ゆうゆう窓口では交換できない

ゆうゆう窓口で書き損じはがきの交換はできる?

郵便窓口の営業時間外にゆうゆう窓口が開いていることもあります。

ゆうゆう窓口は、不在の荷物を受け取ったり荷物を発送したり、切手やはがきを購入することはできますが、「はがきや切手の交換」はできないので注意!

最寄りの郵便窓口が営業している時間帯に行きましょう。

コンビニでは交換できない

コンビニで書き損じはがきの交換はできる?

コンビニでは切手も買えるし、年賀はがきも販売されていますよね。

ならば、コンビニでも書き損じはがきの交換ができるのかも?と思ってしまいますが、コンビニで書き損じはがきや切手の交換はできません

たとえそれがコンビニで購入した年賀はがきであってもダメです。

書き損じはがきや切手の交換は、郵便局でのみ可能です。

絵柄入りの年賀はがきを交換すると?

コンビニや郵便局・ネットでは裏面にあらかじめ絵柄が印刷されているお年玉付き年賀はがきが販売されています。

あとは宛名を書くだけなので、手軽に年賀状を送りたいときには便利ですよね。

デザイン印刷料金も含む価格設定なので、本来のお年玉付き年賀はがきより高い金額で売られています。

もしそれらを書き損じてしまっても、裏面が無地のお年玉付き年賀はがきに交換されます。交換手数料ももちろんかかります。

間違ってしまえばしょうがないですが、もったいないですよね。

まとめ

ペンキが年賀はがきにかかりそうになっている危機的状況

年末にまとめて年賀状を書いたりプリントしているという方は、あわててしまい印刷ミスや書き損じてしまった!ということもあります。

『相手の住所間違えたけど、修正ペンで訂正してそのまま送ればいいや』では相手に失礼です。

手間や交換手数料はかかりますが、年賀はがき販売期間中なら間に合います。新しい年賀はがきと交換して、気持ちのこもった新年のあいさつを届けましょう。