ラクマの販売手数料が無料から3.5%へ!手数料無料はいつまで?

ラクマの販売手数料が無料から3.5パーセントへ

ラクマは販売手数料を無料から3.5%に改定することを発表しました。

これは2018年6月4日から実施されました。

フリマアプリのラクマといえば、販売手数料が無料がメリットのひとつでした。

そのメリットがなくなってしまうことは残念ですが、ラクマの運営にも費用がかかるでしょうし、近いうちに無料じゃなくなる日がくるのではと言われていました。

この記事ではいつまで販売手数料無料なのかや、改定後はどうなるのかについて説明します。

販売手数料がかかる理由

今までラクマは、出品者から手数料をとらずに運営していました。

そのため出品するときは、売りたい価格に送料(送料込みの場合)を含んだ価格に設定すればいいので分かりやすい仕組みでした。

フリルだったときから「販売手数料ってバカバカしい、フリルは0円」というフレーズのCMも流れてたくらいで、手数料無料をアピールしていたのですが、ついに手数料を取るようになったか…という感じです。

販売手数料を3.5%とする目的は、取引のサポートやお得なキャンペーン企画を強化するためにとのことです。取引のサポートを強化してくれるのは安心ですよね。

ただ、メルカリの販売手数料が10%なのに対して、ラクマの3.5%という率はまだまだ低い印象もあり、今後さらに上がることも考えられます。

アプリの利用者が増えると、そのぶんトラブル対応の人件費なども必要になってくるでしょうし、しょうがないのかもしれませんね。

   

いつまでラクマの販売手数料無料?

6月4日10:00 からすべての売上から手数料が引かれるわけではなく、条件によって無料の猶予期間があります。

ナツメ

ギリギリまで無料の恩恵を受けたい!

ということで、販売手数料をギリギリまで無料にするには、
6/4(月) 9:59 までに出品した商品が、 6/11(月) 9:59 までに購入されて支払いが完了すれば手数料無料です。

ラクマの販売手数料が無料の期間

つまり、6/4(月) 9:59までに出品したものは、6/11(月) 9:59まではそのまま出品しておくのが吉。

11日までに購入されても、購入者がコンビニ支払いを選択して支払いが 6/11(月) 10:00 を過ぎたら 3.5% 引かれます。

これは縁やタイミングなので、『早く入金してください!』なんて急がせるのはトラブルの原因にもなるのでやめましょう。

ナツメ

早く入金してー!
うわー・・・

先生

   

売れなければ販売手数料は引かれない

6月4日からも、ラクマで出品するのは無料です。

販売手数料は、売れたあとに引かれる手数料です。

売れなければ手数料は引かれないので(売上もないですが)、安心してジャンジャン不用品を出品しましょう!

取引が終了したら、販売手数料が引かれた金額があなたの売上になります。(かんたんラクマパックを利用したら、その送料も引かれます。)

   

販売手数料は商品価格の3.5%

販売手数料3.5%は、商品価格として出品した金額に対しての割合です。

送料込みの価格に設定したら、送料からも3.5%引かれることになります。

ナツメ

3.5%って中途半端で計算しにくいわ!
大丈夫!自分で計算しなくてもアプリで確認できるよ

先生

アプリの出品画面

出品するときに商品価格を入力すると、販売手数料と手数料を引いた受取金額も表示されます。

改定後のラクマの出品画面の販売手数料

商品価格が安ければ微々たる金額ではありますが、6月4日からの出品は販売手数料が引かれることを考えて、価格の設定をしましょう。

まとめ

ラクマの販売手数料が無料ではなくなりますが、3.5%はまだまだ安いほうです。

今後出品する方は、手数料がかかることを忘れずに商品価格を入力しましょう!

メルカリよりはアプリ人口は少ないですが、ラクマは楽天ポイントで購入できるので利用者増加も期待できます。

トラブル対応も強化してもらえれば、これからもっと安心して取引できるようになりますね。